Top Gear 03-03: How to escape from a sinking car?

今回リチャードが挑戦したのは「水中に沈んでいくクルマからどうやって脱出するか」という非常にシリアスな課題。豪雨で水浸しになったアンダーパスに差し掛かってしまった場合など、クルマの水没は日常でも起こりうる危険な状況です。クルマに乗る人は必見の動画です。

まず、水没時の車内の様子を捉えた映像を見せてもらいます。予想以上のスピードで水がどんどん入ってくるのを目の当たりにして、リチャードの表情はみるみる硬くなっていきます。

最悪の事態に備えて、酸素ボンベの使い方やハンドサインを学びますが、リチャードは水中がどうも苦手な様子。鼻を必死に押さえたりしていました。

屋内プールでプロのダイバーたちに囲まれて実験に挑みますが、恐怖による緊張で表情がいつになくこわばるリチャード。使用するクルマは Vauxhall Carlton。後部座席にはリチャードが合図をしたらすぐに酸素ボンベのレギュレーター (口にくわえる部分) を渡すスタッフが同乗します。

そして、いよいよクルマは水中へ。後部から先に沈んでいき、運転席もあっという間に水浸しに。

最後に呼吸してから約30秒でリチャードは酸素を要求。実験でもこんなに早く苦しくなるということは… 恐ろしいですね。

プールの底にクルマが完全に沈んでからさらに数秒間の待機。ようやく室内外の圧力が等しくなってドアを開けることができました。でも、現実にはクルマが川底や海底に到達するまで待つのは不可能です…

リチャードは水中にクルマが落ちたらすぐに車外へ脱出する方法も試しました。ドアの半分くらいまでしか水に浸かっていなくても、外に出るには相当の腕力を要することがわかりました。

命を守るためにわたしたちが覚えておかなければならないのは、とにかく1秒でも早くドアを開けて外に出ること。よい勉強になりました。