Top Gear 03-04: Mini Coopers

今回、リチャードが試乗したのは Mini Cooper S チューンドカー 4 タイプ。その中で一番オススメなのはどれかを調べました。

まずは Cooper 社創始者 John Cooper の息子が開発に携わった Works Mini Cooper S に試乗。

他社のチューンナップに比べて割高なものの「血統書つき」で、オリジナルの Cooper S のすべての属性を受け継いだ安定した走りを見せた Works がリチャードの一番のお気に入りとなりました。

次は、独チューニングメーカーによる Hartge Cooper S 。リチャードが試乗する場面はなし。

次も、独チューニングメーカーによる Digi-Tec Cooper S 。こちらもリチャードが試乗する場面はなし。

これら 3 台よりも大きな馬力 (275bhp) を持ち、ラリーカーのようなエンジン音と走りを楽しませてくれたのは BBR Cooper S 。

トラックを何度も蛇行して走るうち「サスペンションの限界を試してみたくなった」と悪いクセが出てしまうリチャード。

滑走路を外れて芝生に乗り上げるところで映像が終了。スタジオで気まずそうにはにかんで「勢いをつけて停めただけだよ」と言い訳する表情がかわいかったです。