Top Gear 04-05: Hatchbacks

2004 年になって相次いで発表されたハッチバックの新作 3 種を紹介。くじ引きで負けたリチャードが乗り比べをしました。

Vauxhall Astra: 標準装備は充実。ルックスも走りも悪くはないが及第点といった程度。リチャードは「結婚式の集合写真にぼんやり写っているいとこのような存在」と表現。Ford Focus ほど運転しやすくもなく Renault Mégane ほど大胆なデザインでもない。あえてこれを選ぶべきだという気持ちにさせるアピールに欠く。

Mazda 3: 豪華な標準装備と 2.0 L エンジンを搭載したわりにはお値打ちだが、内装から受ける安っぽい印象が気になる。リチャードいわく「デザインをいじくってばかりのクルマ」。唯一カッコいいのはオーディオを ON/OFFした時に点滅するライトだ、と辛口評価。

Volkswagen Golf: ハッチバックの元祖という貫禄とブランド力。誕生から 30 年、累計販売台数 2000 万台以上 (2004年時点) の数字を誇る。「これだけ売れていたらレシピを変える必要なんてない」と言うリチャード。目を凝らしても旧モデルとの違いを見つけるのが難しいほどのマイナーチェンジ。広々とした室内空間が心地よい。

3 台のうちのどれかを自腹で買えと言われたら Golf だと答えたリチャード。でも、一番オススメのハッチバックは…