Top Gear 05-06: £1500 Porsche Challenge

今回のチャレンジは、各自 £1500 の予算内で中古 Porsche を買って 7 つの課題に挑み、その合計得点を競うというもの。三人が集合したのはロンドンの金融街 Exchange Square。それぞれが選んだクルマを集合場所到着順に紹介すると…

リチャード:Porsche 924 (青)
ジェームズ:Porsche 944 (白)
ジェレミー:Porsche 928 (赤?)

挨拶代わりに軽くお互いのクルマをからかい合った後、リチャードが最初の課題を読み上げます。

1)  できるだけボンネットを開けずにブライトンまでドライブ

ほんの数キロ走っただけでジェレミー 928 のボンネットから大量の蒸気が出たり、ジェームズ 944 がパンクしたりと、いきなりのトラブル続き。パンク修理中のおやつはエクレアだけど… すねるリチャードがかわいい。

その後もジェレミー 928 は絶不調。本人曰く「前から蒸気、下から水、後ろから煙」。後続のリチャードの反応も含めて、ジェレミーには申し訳ないけど笑いを禁じ得ない… (笑)

ブライトン到着までの間、一度もボンネットを開けることのなかったリチャードは強気なガッツポーズで大はしゃぎ。こういうところが末っ子キャラなんだな。

一方、ジェームズお兄ちゃん 944 はゴール目前でハッチが閉まらなくなる災難。おかげで二人のこんな可愛い姿が見られたのがうれしい (薄情者) 。この課題はリチャードの勝ち。

2) 燃費のよさ:9km/l で走ったリチャードの勝ち

3) 恋人募集の広告に連絡してきた人の数:3人から連絡があったジェームズの勝ち

4) クルマを買った残りのお金で改造を行い、オーナーズ・クラブの評価を受ける

改造後のリチャード号はこんな感じ。美術学校時代の友人と一緒に仕上げたそう。レースやラリーが大好きなリチャードらしい 924 に。ただし、人件費を払ってエンジンをピッカピカに磨き上げる作戦に出たジェームズには敵わず。この課題はジェームズのアイデア勝ち。

5) スティグによるラップタイム

スティグがジェレミー 928、ジェームズ 944、リチャード 924 の順に運転。大量の煙を吐きながら走ったジェレミー号、タイヤが外れるかもしれない恐怖のリチャード号を抑えて、ジェームズ号が勝利。みんなの笑顔がかわいいね。

6) タイヤ痕で描いた数字 11 の長さ

直線ではまったく痕を残せなかったジェレミーがルールを完全無視してドーナツターンを強行。上手い。でも「チベット近辺の人が見ればこれが数字の 11 だ」などという主張が認められるわけはなく (苦笑)。10.6m を記録したリチャード 924 があっさり勝利。

7) 改造したクルマをできるだけ高く売る

この課題には三人ともが爆笑。リチャードは「僕の名前を入れちゃったし、カーペットもないようなポルシェを誰が買うんだよ~」と嘆く姿さえカッコいいです。このジージャン、リチャードの髪や肌の色にとてもよく合っていて大好き。

さて、気になる結果はスタジオで発表。ジェームズ 944 は £1400 (すごい!) で売れたのに対し、リチャード 924 は値段が付かなかった (売れなかった) 。残念。結局どうなったんだろう?

そして、いかにも何かやらかしてくれそうなジェレミーが最後に売り値を発表。クルマとしては買い手がつかないと判断し、ウィングやドアなどを取り外してパーツとして売ったところ、合計で £1800 にもなった、と衝撃の告白。しかも、そのうち £600 はエンジンとシートで作ったリビングセットって、一体どうなの (笑)

Top Gear 04-03: £100 Car Challenge の時と同じように、劇的な大逆転を決めてご満悦なジェレミー。恐れ入りました。これからも視聴者の意表を突くズル (ほめてる) で楽しませてくださいね。

今回のチャレンジの様子は、こちらの動画からどうぞ。