Top Gear 05-08: Rally Car vs Bobsleigh

今回ジェームズとリチャードがやってきたのは 1994 年に冬季五輪の舞台となったノルウェーのリレハンメル。挑戦するのはラリーカーとボブスレーによる異種間レース。

世界有数の難易度と言われるボブスレーのコースを 3 人の選手とともに滑走することになったリチャード。最高速度は 130km/h、コーナーでは最大 6.5G もの力に耐えなければならないという過酷なスポーツへの挑戦に、さすがのリチャードも緊張を隠しきれない様子。スタートダッシュのトレーニングや、強烈な G に耐えるための独特な呼吸法のマスターに励みます。

一方、ジェームズはボブスレーコースと始点・終点をほぼ同じくする約 2km の山道を Mitsubishi Evo World Rally Car で爆走 (するヘニング・ソルベルグ選手の隣に座って興奮) します。どちらが勝つか、地図を前にしてごちゃごちゃ言い合う二人がかわいい。

勝負の行方は、番組公式動画からどうぞ。

ボブスレーが勝ったとわかった瞬間にチームメイトの元へ駆け寄り、握手をしながら感謝の気持ちを伝えるリチャード。みんな嬉しそうな笑顔で何よりです。

「僕のせいで負けなくてよかった」と口にするリチャードの後ろ姿からは、彼の人のよさが垣間見えてほっこり。恐怖心を克服していろんなことに挑戦するリチャードには、毎回胸を熱くさせられます。今後はどんなことにチャレンジしてくれるのか、Top Gear マラソンの今後がますます楽しみになってきました!