Top Gear 08-01: Nissan Micra C+C

新シリーズのオープニングはリチャードによる新車レビュー。紹介するのは Nissan Micra C+C ですが… あらら? リチャードの様子が何やらおかしいですね。 一体どうしたのでしょうか。

めちゃくちゃイヤそう (笑) とんでもないピンク色をしたコンバーチブルの Micra を、よりにもよって自宅近くで試乗することになったのだから、こんな顔でも仕方ないか。不機嫌でもカッコいいですし。

普段プライベートでよく買い物に出かけるというレドベリーの街の中、過剰な注目を浴びながら C+C を走らせるリチャード。あまりにも恥ずかしいから紙袋をかぶったよ。

ハードトップの収納については「22 秒もかかるけど、特に急いで誰かに見せたくなるようなものじゃないから」。わたしは日産好きですが、この Micra をコンバーチブルにする意味が皆目わか… (自粛)

1.6 L で 108 bhp あるため 119 mph まで出せるエンジンも、リチャードは 「そんなに速く走りたくはならないと思う。オープントップで走ると、ダンボールで作ったみたいにガタガタ揺れる」と酷評。

何もよいところが見つからない C+C。何とかして日産のプレスリリースにある宣伝文句を口にしようと頑張るリチャードですが…

「これ以上耐えられない。もう十分だよ。無理。ここに置いて帰ろう」とため息混じりに言うリチャード。前代未聞のレビュー中止となりました!

どうしてもリチャードにお昼の奥様向け番組を辞めてほしいジェレミーによる執拗な嫌がらせに「負けないからな!」と宣戦布告するリチャード。二人とも早く「好き」って認めればいいのに (違)

全くやる気のないリチャードの仕事ぶりはコチラの動画からどうぞ。