Top Gear 08-06: How Fast Can You Drive an F1 Car indoors?

今回のとんでもチャレンジの舞台は、モーターショー開催直前の ExCel London にあるだだっ広い展示場。サーキットをものすごいスピードを駆け回る F1 マシンは、屋内でも同じように速く走れるのでしょうか。その疑問を解消すべく、ある実験を行うことになりました。リチャードが様子を伝えてくれます。

使われるのは Toyota 製 (Series 8 放送当時) 最新型の F1 カー。スポンサーを務める一流企業の見慣れたロゴがたくさんついていますね。うーん、リチャードの真っ白なシャツがまぶしい。

V10 エンジンを搭載し、300km/h を超える最高時速を誇る強力なマシンで、長さ約 385m の展示場を端から端まで全速力で走るのですから、ドライバーはもちろん、恐れを全く知らないこの人です。ででーん!

とはいっても、いきなり本番では危険すぎるということで、まずは Chevrolet Lacetti でテスト走行。118 bhp のクルマで 113km/h を記録しました。床材が滑りやすいのか、STOP の標識で思いきりブレーキをかけても、するすると壁に近付いていく印象でした。

さぁ、では、いよいよ本番です。スティグがマシンに乗り込んだところで、様子を見守る大勢のピットクルーにも緊張が走ります。

減速した際、ボディが左右に振られて不安定になり、停車位置は壁ギリギリになってしまいました。何事もなくてよかったですね。

ここで映像はスタジオに切り替わり、いよいよ結果発表ですが… あら?リチャードの様子がおかしいですね。

ジェレミーから「実験をした君の口から発表してくれよ」とせっつかれて、もじもじするリチャードがかわいい。

ん?え?聞えないよ?

なななんと!130km/h しか出なかった!何たる無念!やはり、タイヤの空転が敗因となったようです。

この結果によほど納得できなかったのでしょうか。悔しがり屋さんのリチャードがこんな事実に気が付きました。

ほほう… ということは… もしかして…?

わー! おめでとうございます! 見てください、リチャードのこの全力なガッツポーズ! かわいい笑顔が見られてよかった (^^)